快適な空の旅を満喫するためにも知っておきたい飛行機のこと

飛行機は、高度約10,000mを音速に近い時速約900kmで飛行します。

機内は、気圧を調節する与圧装置とエアコンにより、地上に近い環境を人工的に作り出しています。

具体的な機内環境は、0.8気圧、気温24℃、湿度20%、長時間フライトの場合は湿度10%まで低下します。

ちなみに、雲の上の環境は、気温-40~―55度、湿度0%、0.25気圧です。

快適な空の旅も、持病をお持ちの方は注意が必要です。

飛行機で発生する病気として、エコノミークラス症候群が有名ですが、その他にも気をつけたい症状があります。

気圧の変化による耳鳴りは、風邪や鼻炎の時に発生しやすく、乾燥による気管支炎や喘息にも注意が必要です。

快適に感じる湿度は60%と言われていますので、機内ではこまめな水分補給を心がけましょう。

気流による揺れで乗り物酔いを引き起こす方もいますので、乗り物酔いしやすい方は宵止めの用意をお忘れなく。

また揺れが引き金となり、恐怖や不安を制御できず、自律神経のバランスが崩れる方もいるそうです。

航空機事故の統計結果では、航空事故に遭遇する確立は100万回に0,3回、毎日乗って438年に1回だそうです。

飛行機事故に合う確立は、自動車事故よりもはるかに低い実情を知り、快適な空の旅を満喫しましょう。ミュゼ 予約 キャンペーン